ARBITRO MAGAZINE

ZODIAC Aerospace GMT

 
1882年、スイス・ジュウ渓谷にあるル・ロックルの小さな時計工房からスタートしたゾディアック。
3時位置にデイト表示、24時間表示の回転ベゼルと赤い針で2カ国の時刻表示できるGMT機能。

 

ムーブメントはゾディアックの自社ムーブメント Cal.70-72。

光沢のあるブラックの文字盤にダイバーズウォッチを思わせるアプライドのインデックス。

分針とGMT針のレッドカラーが差し色になってオシャレです。

このエアロスペースモデルにはベゼルの配色に幾つか種類があるのですが、こちらはグレー&ブラック。

2トーンカラーのベイクライトベゼルの色使いは他の時計ではあまり見ない、特徴のある配色です。

ベイクライトベゼルは色に深みがあり、熱に溶けない(強い)、時間の経過とともに色が変化し独特の色彩になるのが特徴。

ヴィンテージの醍醐味が詰まってます。

GMTモデルですが見た目はかなりダイバーズ。

今はブラックのレザーストラップですが、ネイビーのストラップも間違いなく合います。

NATOストラップなんかもオシャレですよね。

ゾディアックのシーウルフと同じリューズのデザイン。

潜水士をイメージしたゾディアックのマークが◎

サイズは写真の通り大きすぎないので、今流行りの大きいサイズはどうも時計が浮いて見える。。と思っていた人にも良いんじゃないでしょうか。

このベイクライトベゼルと文字盤が使っていくうちにヴィンテージ感が出てきて、また違う雰囲気になっていくのを想像すると楽しいですよね。

 
アルビトロを始めるまでに考えたコト、したコト。
JAPAN MADE Watches "SEIKO"

MENU

Back

Share to