ARBITRO MAGAZINE

Wearing Rolex Datejust 116234

 

ロレックス デイトジャスト 116234

6桁品番のRef.116234は2005年〜現在まで製造されています。

Datejust 116234についてはこちら ↓

ROLEX Datejust 116234 | | Arbitro

ロレックス デイトジャスト116234 のレビューと前モデル 16234との違いについて。 6桁品番のRef.116234は2005年〜現在まで製造されています。 2019年には最新モデルの126234が発表されました。このRef.126234にはCal.3235が使用されていて、Ref

着用モデルの腕周りは約16.5cmなので標準的な日本人のリストサイズぐらいですね。

ロレゾールと呼ばれる18Kホワイトゴールド製フルーテッドベゼルと904Lステンレススチールを使用したジュビリーブレス。

よく見ると分かる、鏡面仕上げ(ミラー)と縦の筋目が入ったサテン仕上げの対比がデザインのアクセントになってます。

ラグ部分の仕上げはさすがのロレックス。

ケースの厚みもそこまで感じず、着け心地は良いです。ジュビリーブレスの肌に吸い付くような感触がかなり◎

浮き上がったような立体のローマ数字インデックス。シンプルなデザインながらローマ数字がアクセントになっています。

バックル部分が目立たないコンシールドクラスプ。どこに繋ぎ目があるのかわかりませんよね。

王冠ロゴを型どった部分をアップで。この部分が可動します。

36mmケースのサイズは手首に対して、大きすぎず・小さすぎずのちょうど良いサイズ感。

ブラックカラーの文字盤は締まって見えるので数字よりも見た目は小さく感じます。

高級感と普段使いに耐えうるケースやブレスを兼ね備えているのがロレックス デイトジャストと思いますが、いかがでしょう?

手放さず、ずっと使い続ける時計に選ばれる内の一つの理由としてドレス要素が入ったデザインということが挙げられます。

デイトジャストはオン・オフ問わず使える、使い勝手の良いモデルですので1本持っておいて損はない時計です。


ロレックス デイトジャスト 116234 についてもっと知る ↓

ROLEX Datejust 116234 | | Arbitro

ロレックス デイトジャスト116234 のレビューと前モデル 16234との違いについて。 6桁品番のRef.116234は2005年〜現在まで製造されています。 2019年には最新モデルの126234が発表されました。このRef.126234にはCal.3235が使用されていて、Ref


ROLEX Oyster Perpetual Datejust 16233 | | Arbitro

ROLEX Oyster Perpetual Datejust 16233 (ロレックス オイスター パーペチュアル デイトジャスト 16233)が新入荷しました。

 
IWC Ingenieur 3521 Black
This is the most recent story.

MENU

Back

Share to