ARBITRO MAGAZINE

ROLEX Datejust 116234

 

ロレックス デイトジャスト116234 のレビューと前モデル 16234との違いについて。

6桁品番のRef.116234は2005年〜現在まで製造されています。

ロレックス デイトジャスト 116234 の着用写真はこちら ↓

Wearing Rolex Datejust 116234 | | Arbitro

ロレックス デイトジャスト 116234 6桁品番のRef.116234は2005年〜現在まで製造されています。 Datejust 116234についてはこちら ↓ ROLEX Datejust 116234 | | Arbitroロレックス デイトジャスト116234 のレビューと前モデル


2019年には最新モデルの126234が発表されました。

このRef.126234にはCal.3235が使用されていて Ref.116234に搭載されているCal.3135に比べパワーリザーブが48時間→70時間に伸びています。

ロレゾールと呼ばれる18ctのゴールドとステンレススチールを組み合わせたコンビモデル。

ロレゾールは輝きと品格や高級感、堅牢性・信頼性を両立させたベゼルには18ctのホワイトゴールド、スチールのコンビネーションを採用したロレックスのことを指します。

「ロレゾール」という言葉は1933年にロレックスによって登録商標が行われています。

デイトジャストと言えば36mmオイスターケースにフルーテッドベゼルを纏い、5連のジュビリーブレスモデルでひと目見てロレックスと分かるデザイン。

(フルーテッドベゼル以外にもエンジンターンドベゼルやスムースベゼルのモデルもデイトジャストには存在しています)

36mmのケースサイズにこのデザインって元から完成されていますよね。

またフルーテッドベゼルはゴールドのみで作られていることもあって、これが高級感を醸し出していると思われます。

それ以外の部分には「904Lステンレススチール」が使用されているので頑丈で錆びにくくなっています。

デイトジャスト Ref.116234と前の世代では何が変わったのか?というと前のモデル「16234」とケースサイズは同じですがデザインが変わりました。

ラグ部分にボリューム感を持たせたデザインに変更されています。5桁品番との見た目の一番大きな違いと言えばこのポイントですね。

こちらが前の世代のデイトジャスト 16234。ラグ部分がスッキリしています。

またケースの仕上げが前の世代はヘアライン仕上げなのに対し、116234以降は鏡面仕上げになっています。

5桁品番のデイトジャスト 16234がこちら。116234と見比べると明らかに仕上げが違うことが分かります。

ジュビリーブレスのコマは前の世代が空洞になっていたものが、無垢に変更されているので強度という意味でかなり上がっています。その分重量的には少し重くなっていますが。

またフラッシュフィットは一体型に変更され、見た目もスッキリ美しいですね。

またバックル部分がかなり違います。前の世代はシングルバックルに対して現行品はデイデイトと女性用の貴金属製のデイトジャストの一部にしかに使われていない、コンシールドタイプのクラウンクラスプになっています。

前の世代 16234のバックルはシングルロックのバックル。今から考えるとクラシックなデザイン。

シンプルでスッキリしていて、こちらはこちらで良いですよね。

現行品 デイトジャスト 116234のクラスプ。このコンシールドタイプのクラウンクラスプは上の王冠の部分が動くんです。

王冠部分が飛び出てるので着け外しの時にポロッと取れないか心配になりますが、王冠部分が可動することによって負荷が逃げる仕組みになっています。

ちなみに2007年からこの王冠部分に台座が付くようになり、より取れにくく強化されました。

このジュビリーブレスレット5連のコマで成り立っていますが、よく見ると外側の大きい2コマはヘアライン仕上げ、中の3コマは鏡面仕上げと仕上げがそれぞれ違っています。

こういう細かいデザインが全体のバランスに大きく影響するんですよね。

2006年からはベゼルと文字盤の間の内側部分にルーレット刻印と呼ばれる使用に変わりました。

12時位置には王冠ロゴ、6時位置にシリアルナンバー、それ以外の部分にはROLEXの文字が刻印されるように。

デイトジャスト 16234には何の刻印も入っていません。

ルーレット刻印は偽造防止の意味合いが強いですね。

また夜光塗料は1997年頃〜2006年頃まではルミノバ、2007年頃〜はクロマライトに変更されました。


前の世代Ref.16234とRef.116234の違いをまとめると

・ステンレススチールの素材が「904Lステンレススチール」に

・ラグ部分にボリュームがあるデザインに変更(ケースサイズは同じ36mm)

・ケースの仕上げが鏡面仕上げに

・ジュビリーブレスレットのコマが無垢のタイプに

・フラッシュフィットが一体型に

・ジュビリーブレスレットのバックル部分がコンシールドタイプのクラウンクラスプへ変更

・夜光がある文字盤は2007年頃からルミノバ→クロマライトに変更された

数値は同じ36mmですが5桁品番に比べて少しボリュームがあるデザインに変更された点が現行品のRef.116234を選択肢にいれるかどうかの分かれ目になってきそうです。

その次のRef.126234などの12○○○○の現行6桁デイトジャストはケースデザインが4桁品番Ref.16〇〇○(16234)と同じ、シュッとしたデザインに戻っています。

デイトジャスト 126234などの12~から始まる6桁品番を実際に見ましたが、めちゃめちゃ良いと思います。

個人的には前の世代にあたるデイトジャスト 16234のこの雰囲気がかなり好き。

軽くてシンプルで高級感があって普段使いできるオイスターケース。

言うことないですね。

ただ現行品のジュビリーブレスレットは高級感があってすごい(めちゃめちゃ良いです)ので、これは迷うところですね。

 
ROLEX Oyster Bracelet
IWC Ingenieur 3521 Black

MENU

Back

Share to