ARBITRO MAGAZINE

New Arrival OMEGA

 

Arbitro’s  Recommend

This weeks OMEGA

New Arrival List

OMEGA De Ville

OMEGA “Tank Style” Rectangle 14K

OMEGA Constellation Chronometer Date

OMEGA Seamaster Calendar

OMEGA Seamaster Chronometer

OMEGA De Ville

オメガのデ・ヴィル。元々はシーマスター・デ・ヴィルという名で1960年に誕生したドレスライン。

こちらのデ・ヴィルも非常にシンプルなデイデイト表示付きの3針ですが、ダイアルがネイビーと少し変わった色使いです。

ムーブメントは自動巻きのCal.1022。シーマスターやコンステレーションなどにも搭載されていた、当時のオメガを代表するムーブメントです。

オメガのデ・ヴィル。元々はシーマスター・デ・ヴィルという名で1960年に誕生したドレスラインです。

1967年にデ・ヴィルの名に変更され、シンプルなデザインでカジュアルにもフォーマルにも対応したものが多いのが特徴。

裏蓋のレファレンスナンバーは同じ自動巻きのCal.1022ムーブメントが使われているGeneve(ジュネーブ)のものでしたので

もしかすると裏蓋だけが昔のメンテナンス時に変わっていたのかもしれませんが違和感なくいけてます。

風防の中心に薄く見えるΩマークはオメガの純正部品という証でもあります。

カレンダーの曜日表示はドイツ語です。

ネイビーの文字盤にホワイトの針なのでどんな服装にも溶け込んでくれる、またオメガというブランドの安心感は初めてヴィンテージ時計を買うという方にもおすすめな1本。

OMEGA “Tank Style” Rectangle 14K

カルティエのタンクに近い、オメガの手巻き時計。

14Kゴールドのケースとローマ数字でエレガンテ。

男性・女性どちらが付けても違和感の無いサイズ感とデザインが特徴です。

1973年〜1979年まで作られたCal.625。男性のドレスウォッチ向けに使われていたムーブメントです。

このCal.625はオメガの歴史の中で最も成功したムーブメントと言われ、241万個も製造されています。

また時計のケースには「14K GOLD」の刻印がありますがこれは58.5%のゴールドが含まれているという証。

Cartierのタンクのデザインは好き、でもタンクは・・・という方にはオメガのタンクスタイルがおすすめです。

ゴールドケースはサイズ感が絶妙で大人の雰囲気を醸し出しています。

白・黒・金という配色ですが、デザイン、素材、大きさのバランスが抜群に良くシンプルながら高級感が感じられます。

基本的にゴールドのケースには黒色のストラップで全体を締めるのが基本。

これならキレイめなスタイル、オンタイムにもすんなり溶け込みますね。

 

 

OMEGA Constellation Chronometer Date

「Cライン」と呼ばれる、ジェラルド・ジェンタによるデザインのコンステレーションです。

ムーブメントは自動巻きムーブメントの中でも非常に評価の高いCal.564。

ジェラルド・ジェンタがデザインした時計は全体のバランスはもちろん、着け心地が素晴らしい点が上げられます。

もともとはジュエリーデザイナーだったジェラルド・ジェンタ。

『シャツの袖に引っかるようなデザインはよくない』

そんな哲学が彼のデザインした時計には反映されています。

 

 

OMEGA Seamaster Calender

ムーブメントはオメガ初のデイト付き、Cal.355。

1952~55年にしか生産されなかった希少なムーブメント。

ピンクゴールドのインデックスが特徴的な、非常に珍しいシーマスターカレンダーです。

光が当たるとインデックスのピンクゴールドの良さが際立ちます。

普段は開けてみることができませんが、ムーブメントもかなり高級感が漂っています。

ムーブメントまでピンクゴールドなんです。

よくよく見てみると、ひとつひとつのパーツに面取りが施されていたり、相当な手がかかっています。

60年以上前のヴィンテージものですが、ムーブメントの状態も良い個体。

バンパー式(ハーフローター)と呼ばれる半回転式の自動巻きで腕を振るとローターが当たる感触が分かるのが特徴です。

OMEGA Seamaster Chronometer

シンプルながら近代さも兼ね備えたオメガのシーマスター。

1971年とアンティークと呼べる古さですがデザインは50年近く経った現在でも、あれっ?最近の時計?って思うぐらい良いんです。

搭載ムーブメントはコンステレーションに多く使われたCal.1011です。

ヨーロッパから各大陸への航海が行われていた18世紀頃の大航海時代、船の現在位置を確かめる術として、正確な時間と星座の位置から計算していました。

船舶用の、正確な時間を測る高精度な時計をマリンクロノメーターと言います。

このマリンクロノメーターから腕時計の用途へと変わっていき、精度コンクールとしてのクロノメーター規格へと続いていきます。

このSeamaster Chronometerもクロノメーター規格の非常に精度の高いムーブメントで、リューズの一段引きでデイトのクイックチェンジ、ハック機能が付いています。

全体的なコンディションの良さもあり、どんなファッションにも合うオールマイティな1本。

風防、リューズには純正品の証であるΩのマークが入っています。純正尾錠付きです。

 
JAPAN MADE Watches "SEIKO"
30歳を超えて、すんなりと馴染む時計。

MENU

Back

Share to