ARBITRO MAGAZINE

福岡の博多に打ち合わせへ。

 

2月の半ば頃に福岡へ行ってきました。今回の目的は3月の末に行う合同イベントの前にご挨拶にと思いまして。羽田空港から福岡空港までってめちゃめちゃ近いんですね。2時間もかからずに到着です。

来ました、博多駅。むか〜しに来て以来、十何年ぶりかの博多です。

博多の駅前ってすごいんですね、今。大阪の梅田に雰囲気が似てます。

他の都市との一番の違いは空港から中心地までかなり近いこと。地下鉄で博多駅まで2駅、10分ぐらいですからね。アクセスがめちゃめちゃ良いです。

最近色々な企業などが博多に移転したりしている理由はアクセスが良いのと東京に比べると物価も安いからですね。天神とかかなり街ですし。

オシャレな雰囲気のエリアが点在してます。

そして目的の場所に到着しました。姪の浜という場所にある「REGALO」レガロさん。

ちわ〜という感じでお邪魔します。前回、銀座であったアンティークウォッチフェアでお会いしてからかなり間が空きましたがやっとご挨拶に伺えました。

カリモクのソファでゆっくりと時計を選べる訳ですね。アルビトロの店内もそんな感じ。

ご夫婦でお店をされているので、こちらは奥様の一押しアイテムですね。

結構な点数の時計たち。きれいな状態のものが多いのが印象的でした。

いろいろ聞きたいことがあったのでお店で話しているうちに、閉店時間に。この後、博多名物・水炊きのお店をご予約頂いたということでそちらへ移動。いやーありがたい限り。

旅館の1室のような個室に案内されてビックリ。めちゃめちゃ高そうですけど、大丈夫でしょうか。。レガロの井原さんいわく、そんなに高くないんですよとのことですが、ご馳走になっちゃいましたのでどれぐらいなのかは謎です。

店員の方が良いタイミングで個室に入ってきてひとりひとりの器によそって頂くスタイル。鍋を食べているのに、自分たちテーブルには鍋が無く、部屋の片隅に鍋が置いてありました。(なので水炊きの写真を撮り忘れました)至れり尽くせりってこういう事なんですね。

初めて本場の水炊きを食べましたがめっちゃ旨い。ヘルシーで旨い。最高ですね。

水炊きをご馳走になった後、お店の近くで解散。せっかくなので、そこからホテルまで歩いて帰ることに。博多の中洲と言えばの屋台。観光客の方だらけでした。

観光客向けのお店で雰囲気を楽しむのもアリ、地元の人のアテンドで観光客では知らないようなお店に行くのもアリ。

本当はこのハイアットに宿泊したかったのですが、お値段的に今回は無理でした。

これがあのキャナルシティというやつですか。夜はきれいですね〜。

このへんの雰囲気は名古屋や横浜なんかに似てますね。博多って大阪と名古屋と横浜の要素を足して割ったようなイメージ。

交通の便も良いし、飲食店の値段は安いしで住みやすそうです。

博多駅に戻ってきました。大阪駅のビルにかなり似てます。

阪急が入ってますからね。なんで阪急?

今回はもうすぐ取り壊し予定のハイアットリージェンシーに泊まりました。このホテルのデザインが有名建築家によってデザインされたみたいで、かなり格好良かったです。

ホテルに入ってすぐのロビーから見た感じ。すごいですね、この重厚感。

これを取り壊すってもったいないような、でも建物や内部がけっこう古めなので仕方ないのかも。

こんな感じで福岡・博多に行ってまいりました。詳しいイベントの情報はまた後ほど。ではでは。

 
HEUER Autavia 1163V のオーバーホールの様子
OMEGA Rectangle 1930s

MENU

Back

Share to