ARBITRO MAGAZINE

JAPAN MADE Watches “SEIKO”

 

Vintage Seiko Watch

JAPAN MADEのヴィンテージ時計も良いのが多くあるんです。

日本ブランドとしては、やっぱりセイコーが1番。

SEIKOの歴史

Seiko セイコーは1881年(明治14)に服部金太郎が輸入時計の販売と修理をする会社として服部時計店を創業したところから始まっています。

1892(明治25)年に東京都墨田区に精工舎を設立して掛時計の製造を開始。

1913年(大正12)には国産では初となる腕時計「ローレル」を発売。

1956(昭和31)年、機械式時計「マーベル」を発売開始。

腕時計コンクールでマーベルが男性用腕時計部門でスイスなどの外国品を抜いて第一位に。

この時計の登場で当時の「国産品は精度が悪い、壊れやすい」というイメージを払拭することに成功しました。

1959(昭和34)年、マーベルをベースにさらに高精度を追及した「クラウン」を開発。

1960(昭和35)年このクラウンをベースに当時のセイコーのすべてを注ぎ込んで誕生したのが「初代グランドセイコー」。

今こぞって海外バイヤーが買っているグランドセイコーは約60年前からあるんですね。

1963(昭和38)年「セイコースポーツマチックファイブ」を発売。

1964(昭和39)年には東京オリンピックの公式時計のスポンサーとなったことで世界的にセイコーの認知度が高まり、海外でも売上を拡大していきました。

Seiko 5 Sportsはセイコースポーツマチックファイブの流れをくむ時計。

諏訪精工舎で精度と品質を追求した上で採算を度外視して作られたグランドセイコー(GS)に対抗して、亀戸の第二精工舎で作られたのが実用性と高級感を両立させたキングセイコー(KS)です。

縁の薄いケース、シンプルなバーインデックスとドーフィンハンドは何とも言えない高級感があります。縁だけで無く、ケース自体がかなり薄いのも良いですね。

 

ざっとSEIKO セイコーの歴史を見てみましたが日本の時計ブランドもスイス製に劣らず、かなり良い時計を作ってます。

候補のひとつとしてセイコーを入れてみてはいかがでしょうか?

 
ZODIAC Aerospace GMT
New Arrival OMEGA

MENU

Back

Share to