ARBITRO MAGAZINE

IWC Ingenieur 3521 Black

 

ドイツ語で「エンジニア」を意味するインヂュニア、IWCを代表するコレクションの一つです。

スポーツラグジュアリーなデザインながら、34mmというケースサイズが絶妙ですね。

ITEM SPEC

Brand: IWC
Model: Ingenieur
Ref: 3521
Serial:253xxxx
Year: 1990s
Movement: Automatic Cal.8872(JLC 889/2)
Case: 34mm
Material: SS
Lug Width: 18mm
Water Resistance: None
Includes: Genuine Bracelet, Guarantee,Chronometer Certificate
Bracelet Length:~18cm

Description

1955年に誕生した「インヂュニア」はパイロットウォッチ マークXI(11)を民生用へと改良したものでした。

自動巻きムーブメントを搭載し、軟鉄製のインナーケースを備えたことで非常に高い耐磁性と耐衝撃、防水性が大きな特徴でした。

この時計は1993年に登場し、2000年まで生産されたモデルでラグジュアリースポーツ感のあるデザインが際立ちます。

その理由はこの時計がジェラルド・ジェンタによってデザインされたものだからです。

ジェラルド・ジェンタはパテック フィリップのノーチラスやオーデマ・ピゲのロイヤルオーク、同じIWCのヨットクラブをデザインしたデザイナーでその後の時計デザインに非常に大きな影響を与えました。

現在、ヴィンテージのノーチラスやロイヤルオークは非常に高価で簡単には手が出ない代物となっていますが、このインヂュニアはまだそれほど注目されていないと感じます。

リューズガードのないシンプルなデザインながら、ケース、ラグ、ブレスレットのラインが流れるようで非常に洗練された印象を受けます。

光沢のあるブラックのダイアルとゴールドのインデックス、ペンシルハンドも高級感のある組み合わせです。

34mmというケースサイズはやや小振りですが、腕に付けた時にはもう少し大きく見えるかなと思います。

こういったデザインの時計でこのサイズ感のものは非常に少ないので、そういう意味では貴重なモデルですね。

ムーブメントはジャガールクルトのCal.889/2をベースとした機械が搭載されています。

このCal.889/2はジャガールクルトのマスターコントロール、オーデマ・ピゲのロイヤルオーク、ヴァシュロン・コンスタンタンのパトリモニーにも採用された評価の高いムーブメントです。

ムーブメントと裏蓋の間に入っている軟鉄製のインナーケースで守られているため磁気帯びの心配は無く、また日常使いでの衝撃も気にすること無くお使い頂けるかと思います。


【Description / English】

The Ingenieur was the civilian version of the Mark XI (11) pilot’s watch, created in 1955.
Equipped with a self-winding movement and a soft-iron inner case, the Ingenieur was characterized by high levels of protection against magnetic fields, shock and water resistance.
This watch was introduced in 1993 and was produced until 2000. The design of this watch stands out for its luxury sports to feel.
The reason for this is that the watch was designed by Gerald Genta.
Gerald Genta designed the Nautilus for Patek Philippe, the Royal Oak for Audemars Piguet and the Yacht Club for IWC, and was a major influence on watch design in the years to come.
Today, vintage Nautilus and Royal Oak watches are very expensive and hard to come by, but I feel the Ingenieur has not yet received the attention it deserves.
The lines of the case, lugs and bracelet are fluid and very refined, despite the simple design without a crown guard.
The glossy black dial, gold markers and pencil hands are also a luxurious combination.
At 34mm, the case size is a bit small, but I think it looks a bit larger on the wrist.
Because one of these size feelings is very few in the watch of such a design, it is a valuable model in that sense.
The movement is equipped with the machine based on Cal.889/2 of Jaeger-Le Coultre .
This movement is used for Master Control for Jaeger-LeCoultre and Audemars Piguet’s Royal Oak and Vacheron Constantin for their Patrimony. A highly appreciated movement.
Protected by a soft-iron inner case, it can be used without worrying about the shocks of daily use.
It comes with an international warranty (with domestic purchase markings) and a chronometer certificate.
It is currently for about 16.5 cm around the wrist, but it can be used for up to 18 cm because it has two extra links.

 
ROLEX Datejust 116234
Wearing Rolex Datejust 116234

MENU

Back

Share to