ARBITRO MAGAZINE

DIARY 2020/02/27

 
この投稿をInstagramで見る

New Arrival KING SEIKO 4402-8000 1960s GRAND SEIKO Hi-BEAT 36000 6145-8000 1960s 新入荷しました。 どちらもオーバーホール済みです。 亀戸の第二精工舎が誇るキングセイコーの第2世代モデル。 44KSという略称として記載されることもあります。 ファーストモデルと比べると、裏蓋がスクリューバックになったことを含めやや現代的なデザイン。 文字盤の12時側におなじみのSEIKOロゴ、KING SEIKOのロゴは6時側になっています。 ケース裏側にはSEIKOマークのメダルが。同じ4402-8000でもバリエーションがあり、初期型は盾マーク・後期はSEIKOマークです。 ステンレススティールのケースと同じシルバーカラーのドーフィンハンド、アプライドインデックスは統一感がありますね。 シンプルで見やすく、それでいて洗練された、これぞセイコーというデザイン。 35mmというサイズ感も良く、目立ちすぎないのでどんな格好でも合わせられます。 次は61グランドセイコー。 グランドセイコーとしては5代目となる国産初の10振動自動巻きムーブメント Cal.6100系を搭載した61GSです。 10振動とは機械式時計の心臓とも言える「てんぷ」が1秒間に10回振動することで、1時間では36,000振動することからハイビート 36000という呼称が付いています。 一般的な時計は21,600振動/時もしくは28,800振動/時のムーブメントのため、非常に多い振動数で、安定した精度を得ることが可能になりました。 もちろん振動数を多くするとその分、部品の摩耗が多くなり故障のリスクも高まります。 当時のセイコーの技術を結集し、実用に耐えうる耐久性を兼ね備えた時計として1968年半ばに発売されました。 国産初の自動巻きハイビートの時計として、手巻きのハイビートである45GSと並んでセイコーの歴史に残る時計の一つです。 現行のGSにも採用されているメカニカルハイビート 36000の基礎となったモデルとも言えるんです。 こちらの時計は最もスタンダードなシルバーダイアル。 多面カットのインデックスなど、デザイン原則である「セイコースタイル」に基づいたシンプルで美しい見た目に仕上がっています。 36mmというケースサイズは日本人の細めの腕には丁度良いサイズ感。 スイス製はもちろん良いんですが、日本人ならやっぱり1つは持っておきたいですよね。 #6145 #61 #61gs#4402#44ks#kingseiko #vintageseiko #seikoholic #1960s #60s #セイコー #seikowatchclub #seikosunday #seikomania #seikolover #seikofam #seikowatch #seikowatches #seikomatic #grandseiko #vintagegrandseiko #seikomatic#アンティーク時計 #ヴィンテージ #ヴィンテージウォッチ #ヴィンテージ時計 #ビンテージウォッチ #ビンテージ #ビンテージスタイル #ファッション

Arbitro(@la_arbitro)がシェアした投稿 –

KING SEIKO 4402-8000 1960s 44キングセイコー

Brand: SEIKO
Model: KING SEIKO
Ref: 4402-8000
Serial: 81xxxxx
Year: 1968
Movement: Manual Cal.4402A
Case: 35mm
Material: Stainless Steel(SS)
Lug Width: 19mm
Water Resistance: None
Includes: Leather Strap

GRAND SEIKO Hi-BEAT 36000 6145-8000 1960s

61GS グランドセイコー

Brand: SEIKO
Model: GRAND SEIKO Hi-BEAT 36000
Ref: 6145-8000
Serial: 88xxxx
Year: 1968
Movement: Automatic Cal.6145A
Case: 36mm
Material: SS
Lug Width: 18mm
Water Resistance: None
Includes: Leather Strap

海外ブランドに負けないどころか対等に渡り合っていた60年代のキングセイコーとグランドセイコー。

今では海外の方が欲しい、となっていて国内の評価があまり高くないという不思議な現象が起こっています。

この時代の国産ブランドはもっと評価されても良いんじゃないでしょうか?

シンプルかつ安心して普段使いできる時計。バランスが取れていますよね。

 
DIARY 2020/02/26
DIARY 2020/02/28

MENU

Back

Share to