ARBITRO MAGAZINE

DIARY 2020/02/23

 
この投稿をInstagramで見る

Photo Journal 『 Paris 』 トリコロールカラーのバスや街角のカフェ。 行ってびっくりしたのが、パリは喫煙率かなり高いです。 カフェのテラス席はモクモクでした。 体感的に東京の方が健康的な感じ。 あとは海外の警察官って格好良いんです。 画になりますね。 #france #paris #parisian #mensstyle #antiquerolex #vintagerolex #travel #parisianstyle #france🇫🇷#セレクトショップ#フランス🇫🇷#フランス土産 #メンズコーデ #アンティーク#メンズファッション#メンズコーディネート #メンズコーデ#アンティーク時計 #カルティエ#レディース#ヴィンテージ #ヴィンテージ時計 #ヴィンテージウォッチ #アンティークウォッチ #代々木上原 #ビンテージ時計 #paris #パリ買い付け #買い付け #arbitrotravel

Arbitro(@la_arbitro)がシェアした投稿 –

お昼ごはんを食べた地元民で賑わうビストロ。

15ユーロ+αほどでちょっとしたサラダとでかいサイズのパテ、牛のステーキ、3人前ぐらいの堅めな感触が美味いプリンのデザートが食べられます。

飲み物はなしで、というと水をくれます。もちろん料金はかからず。

パリは2000円弱を出せば、ボリュームがあって、美味い飯が食べられるっていう感覚ですね。

いたるところにカフェがあるのがパリ。テラス席は喫煙ゾーンで多くの人がタバコと飲み物で楽しんでました。

ブシュロンなどのブランドの本店はほぼほぼパリ。

印象に残っているのが、高級店は全て2重のドアになっていて、すんなりとは入れない仕様になっていたこと。

それだけ治安がよろしくないっていうことですね。

マレ地区を歩いていて見つけたグラフィティ。パリ、ロンドンはグラフィティを活かした街づくりをしていて、歩いていて楽しいんです。

 
スタイルに合った時計とは?
Cartier TankをDバックルへ変更する

MENU

Back

Share to