ARBITRO MAGAZINE

DIARY 2020/02/18

 
この投稿をInstagramで見る

『 Arbitro's News 』 第4回目となるトランクショーを3/6 (金)に開催します。 場所は港区汐留にある 『 CONRAD Tokyo コンラッド東京 』 『コーナーシティスイート』にて時計をご覧頂けます。 第1回目にコンラッド東京で行いましたが、これで2度目のコンラッド。 少し先のイベントになりますが、お時間が合う方はぜひお越し下さいませ〜。 #rolex#omega#cartier#iwc#tudor #seiko#antiquewatch #yoyogiuehara #ロレックス #カルティエ#オメガ#オメガアンティーク #カルティエ #ロレックス#チェリーニ #メンズコーデ #アンティーク#メンズファッション#メンズコーディネート #コーディネート#アンティーク時計 #ヴィンテージ#ヴィンテージ時計 #時計修理 #ヴィンテージウォッチ #アンティークウォッ#ポップアップストア #ポップアップ #ポップアップショップ #代々木上原 #ビンテージ時計

Arbitro(@la_arbitro)がシェアした投稿 –

ヒルトン東京でのトランクショーの次はコンラッド東京に戻って3月にもトランクショーをします。

汐留に行く機会もなかなか無いので、楽しみです。

前回のコンラッド東京・トランクショーの際にご購入頂いた CITIZEN Chronomaster Date 1960s。

シチズン クロノマスター デイトはシチズンの1960年代における最高峰機械式時計。

当時の価格で比較するとセイコーにおけるグランドセイコーとキングセイコーの間ぐらいの位置付けになるかと思います。

1967年に最初のクロノマスターデイトが発売されましたが、当時はスイスのクロノメーター検定を日本で実施する機関が無かったため、クロノメーター規格と同等のシチズンの規格を通過したムーブメントが使われています。

(1970年に公認クロノメーター機構が国内に設立されたため、クロノメーターの文字が文字盤に入ったものも存在します)

ダイアル6時上のプリント、裏蓋には鷲のマークのメダルが付いており高級モデルの象徴となっています。

セイコーが獅子のマークだったので、それに対抗して付けられたものです。


ふだんはなかなか興味を持ちにくい国産ブランドのヴィンテージ時計は、実物を見ると欲しくなってしまうこと間違いなしです。

ホテルの落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとヴィンテージ時計を見られる機会ですのでお気軽にどうぞ。

 
DIARY 2020/02/21
DIARY 2020/02/20

MENU

Back

Share to