ARBITRO MAGAZINE

Diary 2020/02/13

 
この投稿をInstagramで見る

New Arrival Rolex Oyster Perpetual Ref.1003 Cal.1570 1960s ロレックス オイスターパーペチュアル Ref.1003 が入荷しました。 手巻きのデイトナにも使われていた7205のリベットブレスが着いています。(FFは57) 少しダレはありますが、普段使いには問題ないレベルかと思います。 NATOベルトや革ベルトに変えて使ってもお洒落ですよね。 Ref.1003は1960年代の始め頃(1962年と言われています)〜1970年代始めごろまで製造されていたモデル。 このモデルに使われているムーブメントはCal.1560, Cal.1570の2種類ですが、Cal.1570が入っているものがほとんどですね。 このCal.1570は1960年代中頃〜1980年代後半までという、かなり長期間に渡って使われていたムーブメント。 それだけ評価が高かったということなんです。 またムーブメントだけではなく、デザインも凝っています。 ベゼルはエンジンターンドベゼルと呼ばれる2種類の仕上げが施されたもの。 飛行機のエンジンをイメージしてデザインされた、と言われてます。 エンジンターンドベゼルはベゼルが真っすぐ(フラット)になっているものが多い中で、このモデルは斜め(傾斜)になっているんです。 ダイアルもグレー(シルバーグレー?)のものが経年変化で少し紫色に近い、何とも言えない良い感じの色味に。 デイト表示が無い、3針のシンプルな自動巻き時計なので飽きることなく長く使えるかな、と思います。 商品ページは作成中です。気になる方はメッセージを下さいませ〜。 #antiquerolex#vintagerolex#ref1003#1003#rolex1003#1570#oysterperpetual #rolexwatches #rolex #yoyogiuehara #ロレックス#オイパペ#オイスターパーペチュアル #メンズコーデ #アンティーク#メンズファッション#ファッション#ファッションスナップ #時計修理#メンズコーディネート #メンズコーデ#アンティーク時計 #ヴィンテージ#ヴィンテージ時計 #ヴィンテージウォッチ #アンティークウォッチ #代々木上原 #ビンテージ時計

Arbitro(@la_arbitro)がシェアした投稿 –

Rolex Oyster Perpetual Ref.1003 Cal.1570 1960s

ロレックス オイスターパーペチュアル Ref.1003 が入荷しました。

初めてのロレックスという方にもおすすめしやすいのが、このオイスターパーペチュアル。

デイト無しのシンプルな3針時計で、自動巻きというところがポイント。

ムーブメントもデイト無しのため壊れにくく、またこの時計に使われているムーブメントはCal.1570とロレックスを代表する、評価の高い機械です。

 
OMEGA De Ville Chronograph 146.017
Diary 2020/02/14

MENU

Back

Share to