ARBITRO MAGAZINE

DIARY 2020/02/05

 
この投稿をInstagramで見る

Sold. Tudor Submariner Ref.75090 昨日はHilton東京で行ったトランクショーにお越し頂いた皆さま、ありがとうございました。 チュードル サブマリーナー 75090をご購入頂きました。 ありがとうございます。 ミドルサイズのダイバーは少し小ぶりなサイズ感が良いですよね。 #tudor #submariner#75090#vintagetudor #tudorsubmariner #antiquerolex #rolexwatches #rolexwrist #suitstyle #gentlemanstyle #gentleman#gentlemen #rolex #vintagerolex #rolexforums #rolexlife #rolexwatch #rolexwrist #rolexaholics #rolexwatches #vintagewatch #チュードル #チューダー#サブマリーナ#サブマリーナデイト #ロレックス #ビンテージウォッチ #ダイバーズウォッチ #ヴィンテージウォッチ #アンティークウォッチ #渋谷 #代々木上原

Arbitro(@la_arbitro)がシェアした投稿 –

ヒルトン東京で行ったトランクショーにてチュードル サブマリーナー Ref.75090 ブラックが売り切れとなりました。

ご購入頂きありがとうございます。

当時のサブマリーナには39mmの79090、ボーイズサイズで36mmの75090、ミニサブと呼ばれる33mmの73090の3モデルが存在しました。

それぞれにブラック、ブルーの2種類がありブルーのものは「青サブ」という愛称で呼ばれています。

ボーイズサイズという扱いではありますが、リューズガードも入れると40mm近くの大きさですので腕が細めの方、具体的には16cm以下の腕周りの方には丁度良い大きさのダイバーです。

ダイアル12時位置にはチュードルの現在の象徴でもある盾マークが、3連の巻きブレスにも同じように盾マークが入っています。

一方で裏蓋とリューズにはロレックスの王冠マークが入っています。

90年代以降、チュードルはサブマリーナの終焉とともにロレックスの部品を使用せず専用部品に切り替えました。

ロレックスの要素が入った最後のチュードルの1つとも言えるモデルです。

オイスタータイプのブレスレット(Ref.9315)は巻きブレスと呼ばれるタイプのため非常に軽いのが特徴です。

フォールディングリンクとフリップロックのフォールディングクラスプが搭載され、不意に外れて落下してしまう危険性が下がっています。

 
TUDOR Submariner Ref.75090
DIARY 2020/02/05

MENU

Back

Share to