ARBITRO MAGAZINE

CARTIER Santos

Cartier Santos 1904
 

カルティエは1847年、ルイ・フランソワ=カルティエが宝石細工として工房をスタートし、現在まで続くフランスのブランド。

引用元 https://successstory.com/companies/cartier

 

各国の王室・皇室御用達ジュエラーとして知られている通り、ブランドとしての格は別格です。

1904年に誕生し、以後カルティエの代表的な時計として挙げられる『サントス ドゥ カルティエ』

この名前の由来は1900年代の初めに「ブラジルのコーヒー王」と呼ばれブラジル国内では未だにその名前を知らない人はいない、というとても偉大な父を持つ『アルベルト・サントス=デュモン』とカルティエ家の3代目にあたる『ルイ・カルティエ』が出会い、そこから生まれた時計ということから。

ライト兄弟のことが世間に知られるまで、世界で初めて飛行機を発明したと思われていた、という逸話が残るほどの飛行機の発明家兼パイロットだったサントス=デュモン。

ライト兄弟のことが世間に知られるまで、世界で初めて飛行機を発明したと思われていた、という逸話が残るほどの飛行機の発明家兼パイロットだったサントス=デュモン。

また当時のパリの社交界ではかなりのファッショニスタとしても有名で、襟の高いシャツをよく着ていたのがカッコ良いと噂になり、みんなに真似されたとか。

 

そんなサントス=デュモンがルイ・カルティエにリクエストしたのが、飛行機の操縦をしている時に操縦桿を操作したまま見ることができる腕時計が欲しいということ。

この時代は懐中時計しかない時代で、腕時計はまだまだ広まっていなかったんですね。

引用元  https://veja.abril.com.br/brasil/ha-110-anos-santos-dumont-se-tornava-um-dos-pais-da-aviacao/

でもそこはさすがのルイ・カルティエ。

飛行機からインスピレーションを得たと思われるスクエアケースに、レザーストラップを合わした時計をデザインし製作しました。

引用元   https://medium.com/@tccz/1904-cartier-santos-lofty-beginnings-2ef0a03e23a

 

この時計は世界で初めての実用的な腕時計と言われています。

引用元   https://medium.com/@tccz/1904-cartier-santos-lofty-beginnings-2ef0a03e23a

これが先ほど紹介をしたサントス ドゥ カルティエ。

 

そしてサントス ガルベは、そのオリジナルモデルをベースにしたもの。

元をたどれば1900年代の初めまで遡るって、すごい歴史とストーリーを持った時計ですよね。

いくつかあるジュエリーブランドの中で、時計というカテゴリーで考えるとカルティエは別格の扱いなんです。

これまで選択肢に全く入ってなかったという方も、タンクやサントスといった男性にバッチリはまる時計がある、カルティエのヴィンテージ時計を候補に入れてみてはいかがでしょか?

 
SEIKO Special Sub-Second 1940s
松野時計店さんのWebサイトを作成しました。

MENU

Back

Share to