ARBITRO MAGAZINE

カルティエのコンプリートサービスとは?

 

はじめに

機械式時計、クォーツ式時計ともに快適に使う上で定期的なメンテナンスが必要です。

特に機械式ムーブメントは多数の細かい部品を組み上げられて作られたものですので、おおよそ3-5年に1度はメンテナンスを行い、必要であれば部品の交換を行うことで精度を保つことが出来ます。

通常、メンテナンスのことを指して「オーバーホール (Overhaul)」という呼び方、表記をします。

時計やカメラの修理において使われる言葉で、内容としては「内部を分解し全ての部品の洗浄を行う。必要な箇所の部品交換を行い、部品への注油、組み立てをする。最後に点検と調整を行う。」と覚えておくと良いと思います。

ロレックスの公式サイトにはオーバーホールの手順が紹介されています。

ロレックスのアフターサービス

メーカーのメンテナンスではポリッシュ(研磨)も付帯していることが多いですが、基本的にメーカーでも修理店でも同じ作業を行っています。

クォーツ式ムーブメントに関しても電池交換だけでは無く、オーバーホールを行った方が機械式と同様に長く使えるようになります。

コンプリートサービスの定義

「オーバーホール」という言葉はその内容が定義されていて、例えば注油のみや電池交換のみの作業というのはオーバーホールには当たりません。

ですが、「コンプリートサービス」はメーカーによってその内容がまちまちで明確な定義がありません。

IWCやオメガは所謂オーバーホールのことを包括的なサービスとして、コンプリートサービスと呼んでいます。

こちらはIWCとオメガのコンプリートサービスの様子です。


この2社とも内容としてはロレックスのサービスと同じですが、ロレックスはコンプリートサービスという名称は使わず、オメガやIWCは「コンプリートサービス」として提供しています。結構ややこしいですね。

カルティエのコンプリートサービス

そんな中、カルティエのコンプリートサービスは基本的には内部部品を分解・洗浄していますが、クォーツムーブメント(電池式)に関しては「ムーブメント一式を交換する」という作業内容となります。車で例えるとエンジンを丸ごと交換するといった感じです。

カルティエ ウォッチのコンプリートサービス


カルティエ ウォッチのコンプリートサービスより

この動画の中で、「全ての消耗部品を交換する」とありますが、クォーツムーブメントの場合は部品では無く、ムーブメント一式を交換するというのが他のメーカーや修理店と異なる部分です。

当然の事ながら、部品だけを交換した方が掛かる費用は安くなります。ですが、カルティエではムーブメントを交換していますので相応の費用が掛かるものの、より長く使うことが出来る時計へと変身します。

マストタンクシリーズは1980年代ごろのものが多いですが、そういった時計でも外装は当時のまま、内部は新品となりますので、ヴィンテージとはいえ安心して購入することが出来ると思います。

また、カルティエのコンプリートサービスの保証期間は2年間となります。
メーカー以外の修理店の保証期間は1年間というのが多いですが、この点はメーカーによるメンテナンスの良い点ですね。

アルビトロのカルティエは?

アルビトロで販売しているカルティエの時計は殆どがコンプリートサービスを行ったものです。マストタンクであれば、裏蓋にカルティエのシールが貼ってあるのがコンプリートサービスを行った証です。

費用としては通常の修理店での修理と比べると1.5倍から2倍ぐらいが掛かっています。

一式が交換されることで長くお使い頂ける点と保証期間が2年間という点で初めてヴィンテージウォッチを購入される方にも安心してもらえるよう、敢えてコンプリートサービスに出しています。

ヴィンテージのカルティエ自体は他のお店やメルカリなどのフリマアプリでも購入することは可能ですが、コンプリートサービスを行ったものを販売しているお店は数えるほどでは無いかと思います。

お店側がそうしない理由としては「修理費用が高い」「修理期間が長い」という点が挙げられます。マストタンクなどの2針の時計などは、電池交換も含めてとりあえず動く状態にする修理の費用とコンプリートサービスの費用は雲泥の差です。

時計の修理というのは購入者側からするとかなり不透明な部分が多く、「オーバーホール済み」と書かれていても中が見られない以上、本当にやっているのか分からないというのが正直なところです。(勿論、自社の技術者や提携先の修理店でしっかりとオーバーホールをされているのが大多数だと思いますが)

それでもやはり生産者であるカルティエによるサービス済みというのはムーブメントを一式交換して「一定の品質を必ず保証してくれる」ことを意味しますので、購入する際の判断材料として、長く使用することを考えるとかなり重要では無いでしょうか。

25万円の時計を買って1年後に修理が必要になり4万円掛かっているより、27万円で修理の必要無く使える方が費用的にも安くなりますし、修理に出していて使えない期間も生まれないので、トータルで考えるとお得です。

「良いものを長く使う」ということを求めるのであれば、カルティエに関してはコンプリートサービス済みのものが一番かと思います。

まとめ

・コンプリートサービスはメーカーによって定義が違う。
・カルティエは機械式はオーバーホール、電池式はムーブメント一式を新品へ交換する。
・コンプリートサービスを行ったものは2年間の保証がある。
・長く使うことを考えると、割高でもコンプリートサービス済みの方がお得。

 
New Arrival on this Month.
decka quality socks

MENU

Back

Share to